pickup

JABBA DA FOOTBALL CLUB'S PLAYLIST

まずはこれを一発聴いてアゲてくれ!JABBA DA FOOTBALL CLUBが選ぶBLOCK PARTYプレイリスト!

1997年の日本上陸以降、フェス/ライブ・シーンなどでストリートカルチャーをサポートしてきたZIMAが、5月29日に新たなライブ・イベント<ZIMA BLOCK PARTY>を開催します。この<ZIMA BLOCK PARTY>には、今注目すべき若手ヒップホップ・アーティストが集結。70年代のNYでヒップホップ誕生の礎になった「Block Party」をテーマに、表参道の人気ピザ店『PIZZA SLICE2』で一夜限りの熱演を繰り広げます。そこで今回、出演アーティストによるインタビュー・シリーズが始動。第一回目はキャラ立ち4MCのマイクリレーで人気を集めるJABBA DA FOOTBALL CLUBに、「Block Party」をテーマにしたプレイリストを選んでもらいました! 

INTERVIEW:JABBA DA FOOTBALL CLUB

――今回はイベント出演に向けて、みなさんに「Block Party」をテーマに10曲を選んでもらいました。BAOBAB MCさんの到着が遅れるそうなので、まずはNOLOVさんのSUM 41“Fat Lip”から、それぞれの曲を選んだ理由や曲に感じる魅力を教えてもらえますか?

NOLOV:僕は中高生のときにSUM 41(サム・フォーティーワン)やグリーン・デイのようなポップパンクをよく聴いていたんですよ。“Fat Lip”は特にそうですけど、そういう音楽のMVってスケートパークで撮影されていることが多いので、「Block Party」というテーマを聞いて最初に浮かんだのもそういうパーティーでした。“Fat Lip”はメンバー全員がラップをしているのもいいし、MVで観客がバンドを囲んで盛り上がっているのもいいですよね。「まずはこれを一発聴いてアゲてくれ!」という曲です。

SUM 41 / Fat Lip

ASHTRAY:そう言えば、SUM 41は“Underclass Hero”のMVでも、キャンプファイヤーを囲むシーンが出てきて、あれも「Block Party」っぽい。

NOLOV:SUM 41のMVは何かを囲みがち(笑)。次のレックス・オレンジ・カウンティーは、イギリスのシンガー・ソングライターですね。オレンジ・カウンティはアメリカ西海岸の地名ですけど、この人の曲はUK出身なのにその雰囲気がある。だから、俺って結局……カリフォルニアなんですよ(笑)。今回の選曲は「Block Party」→「ワイワイ」→「これだ!!」と連想して、ほぼ思考せずに選びました。そういう明るいパーティーが好きなんです。

Rex Orange County / Sunflower

ASHTRAY:僕の1曲目はブラック・アイド・ピーズ(以下、BEP)の“Smells like funk”。

――ファーギーが加入して以降初めてのアルバム『Elefunk』の収録曲ですね。

NOLOV:ああ……今は亡き……。

ASHTRAY:いや、生きてるから(笑)。本物のブロック・パーティーを想像して選びました。ある地区の人たちがサウンドシステムに集まって、ZIMAを持って楽しくハイになるような場所でこのファンキーな曲が流れたら、「絶対踊ルゥダロウ? オマエラ?」って。

ROVIN:今の、(BEPの)ウィル・アイ・アムのモノマネです(笑)。

Black Eyed Peas / Smells Like Funk

ASHTRAY:(笑)。次はRHYMESTERの“サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生 (CRAZY KEN BAND)”。これは東日本大震災があった2011年の夏に出た、自粛ムードがある中でも「楽しむときは楽しもう」という曲で。それってつまり、「生活はあるけど、楽しむときは楽しもう」という「Block Party」と同じだと思うんですよ。「普段の生活は大変だけど、これがあるから日常を楽しめるし、逆もしかりだ」って。

RHYMESTER / サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生 (CRAZY KEN BAND)

ROVIN:僕の1曲目はレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“Hump de Bump”。レッチリは人生で一番好きなバンドなんですけど、この曲はMVで「Block Party」が表現されていますよね。最初、DJがはじめたパーティーに入れてもらえない人がいて、別の場所でレッチリの演奏がはじまって――。そこから街を練り歩いて演奏するシーンは、「Block Partyなんだから自由にやろうぜ」って解釈ができる。でも、最後のオチも面白くて、最初に「Block Party」に入れなかった観客は、結局そっちにも入れないんですよね(笑)。

Red Hot Chili Peppers / Hump de Bump

(ここでBAOBAB MCが取材場所に到着)

BAOBAB MC:お待たせしてすみませんでした! よろしくお願いします!

――いえいえ! こちらこそよろしくお願いします!

NOLOV,ROVIN,ASHTRAY:(「この人は誰だろう?」という顔でBAOBAB MCを見ながら)……スタッフの方ですか?

BAOBAB MC:初めまして、ZIMAの者です……!

ROVIN:(爆笑)。次のRHYMESTER“Future Is Born feat. mabanua”は、最近だと『Get Down』で描かれているような、「Block Party」がはじまった頃のことを宇多丸さんが1バース目で歌っていて、2バース目はMummy-Dさんがそれを踏まえたうえで未来のこと(「そして未来は今/今が未来/(中略)ただしオマエらのRootsは/あくまでオレだとは言っ・て・お・き・たい ぜ!」)を歌っていて。

ASHTRAY:その感じがめちゃくちゃかっこいいんですよね。俺らもいつか、こういうことを歌えるようになりたい。

BAOBAB MC:(RHYMESTERのタオルを見せながら)僕らも影響下にありますからね。

RHYMESTER / Future Is Born feat. mabanua

ROVIN:最後のアークティック・モンキーズは、自分がバンドをしていたら、「Block Party」でこの曲をやりたい、と思う曲。ギターも歌も上手かったら絶対これをやりたいですね。

Arctic Monkeys / I Bet You Look Good On The Dancefloor

BAOBAB MC:僕はまず、Moomin(ムーミン)さんの“Ride On”。Moominさんってメロウなダンスホールソングが多いイメージだったんで、この曲みたいにアーバンなパーティー・ソングを聴いたのはこれが初めてだったんですよ。あと、ちょうど最初のフレーズが「過ぎた事を悔やんで へこんでてもしょうがない」というものなんで――。

NOLOV:「今日は取材に遅れちゃったけど今から頑張ります」って?(笑)。

Moomin / Ride On

BAOBAB MC:本当にすみませんでした……!(笑)。次のDJ Tonkさんの“Forever feat.Akeem,Libro,Hill The IQ,Co-Key)”は、まだヒップホップは詳しくなかった頃にアナログで手に入れたのが最初でした。それこそ、確かRHYMESTERの宇多丸さんがまだMC SHIROだった時代の“バースデイ”のカップリングに入っていたはずで。(※正しくは同年に発売された別のアナログレコード収録曲)この曲は全然違うクルーの人達が曲の中で一堂に会しているのが好きだし、すごくファンキーな曲ですね。

DJ Tonk / Forever feat.Akeem,Libro,Hill The IQ,Co-Key

――そして最後は、みなさんの最新EP『FUCKING GOOD MILK SHAKE』の楽曲“MONKEYS”ですね。

ROVIN:これはもう、俺らにとっての“囲まれ系”ソングですよ。(MVでは南米で発見された猿人をテーマにしているものの)実は囲まれたいソング(笑)。

NOLOV:せっかくだから、各自が選んだ曲を全部“MONKEYS”に繋げて話せばよかったね。俺なら「僕は囲まれることってすごく大事だと思うし、JABBA DA FOOTBALL CLUBってほぼSUM 41だと思っているんですよね……」って(笑)。どうASHTRAYは?

ASHTRAY:(冗談に乗って)この曲は題名が「猿」ですけど、考えてみると、僕らってみんなもともとは猿じゃないですか……?

ROVIN:おい、猿は(“Smells Like Funk”が収録されたアルバム『Elefunk』のジャケットに描かれている)象じゃねえぞ!

ASHTRAY:(決め声で)キリンでもパンダでもない、それが “MONKEYS”。

NOLOV:(笑)。ROVINはどうよ?

ROVIN:(レッチリとRHYMESTERにかけて)この曲って、バンドが好きな人にもラップが好きな人にも、色んな人に聴いてもらえると思うのよ。だから、ラップをやったことない人も、この曲で「俺ラップやりたいわ」って思ってもらえる曲だと思うんですよね。

NOLOV:なるほどね! BAOBABは?

BAOBAB:俺らってやっぱり存在的に、(Moominの“Ride On”にかけようとして)夏休みの最後の一日みたいだと思うんだよね。だから……。

ROVIN:いや、それだとNOLOV が選んだSUM41の名前の由来に近くなっちゃうから!

ASHTRAY:今日はみんな面白いな(笑)。

NOLOV:とにかく、“MONKEYS”は、JABBA DA FOOTBALL CLUB流の楽しいパーティー・ソングですね。僕らはヒップホップの中でもパーティー・ラップ的に「楽しくやりたいぜ」ということを表現することが多いグループだし、実際、それが楽しい。今回のZIMAのイベントも、誘ってもらえて本当に嬉しかったです。

JABBA DA FOOTBALL CLUB / MONKEYS

NOLOV:ZIMAって、バーベキューにしても、宅飲みにしても、何か楽しいことをするときに絶対そこにあるお酒だと思うんですよ。

BAOBAB:ageHaとかで、一番仕上がってるかっこいいお兄さんが持ってるお酒というイメージもあるよね。

ASHTRAY:かっこいいイメージがある。ZIMAの瓶を持って踊る姿って様になるしね。

NOLOV:だから、ZIMAって色んな場所で目にするし、すごく音楽とも距離が近い存在なんだと思いますね。

ROVIN:楽しい場所には、必ずZIMA! 

全員:(笑)。楽しい場所には、必ずZIMA!!

text&interview by Jin Sugiyama
photo by 横山マサト

EVENT
INFORMATION

ZIMA BLOCK PARTY

OPEN・START 19:00 / CLOSE 22:00
ADV:¥1,000 with ZIMA 1 Bottle & PIZZA 1 SLICE
kZm(YENTOWN) / あっこゴリラ / JABBA DA FOOTBALL CLUB / Taeyoung Boy
DJ:DJ REN / HOST:SIMON

詳細はこちら