pickup

HIP HOP ARTISTS 2018

SUSHIBOYS、踊Foot Worksなど「2018年!最注目の若手HIPHOPアーティスト10選!」

2016年から2017年にかけて、盛り上がりを見せている日本のHIPHOPシーン。2017年に関しては、フリースタイルラップ/MCバトルの盛り上がりが“いい意味”で落ち着きを見せる一方で、業界自体の追い風を受けて良質な作品が数多く生まれた年だった。

もはやHIPHOPが日本の音楽市場の中で売り上げ的にも重要な位置を締めており、さらに若い世代おいて、“イケてる音楽=HIPHOP”という図式ができつつある。

そこで今回、「2018年!最注目の若手HIPHOPアーティスト10選!」と題して、今年話題になるだろう&注目しておいて損はないHIPHOPシーンのアーティストをご紹介!昨年からの流れも踏まえつつ、ソロorグループも含め、幅広い観点からセレクトした。

KEIJU as YOUNG JUJU

言わずと知れたKANDYTOWNのラッパーであり、昨年はtofubeats“LONELY NIGHTS”、Awich“Remember”など、“客演王”と呼べるほどの活躍をしたYOUNG JUJUがSony Music Labelsとグループ初のメジャー契約。本名をモチーフとしたKEIJU as YOUNG JUJUに改名し、1月28日(日)には主催イベント<7 Seconds>を、パリのファッションブランド・PIGALLEをサポーターに迎えてSOUND MUSEUM VISIONで開催する。 ルックス、華、スキルの三拍子がそろった次世代ラッパーが、メジャーでバカ売れすることに期待したい。

tofubeats – LONELY NIGHTS

Remember – Awich feat. YOUNG JUJU (Prod. Chaki Zulu)

kZm(YENTOWN)

2017年も話題の絶えなかった東京最先端HIPHOPクルー・YENTOWNのラッパー・kZm(カズマ)。昨年はクルーのMONYPETZJNKMN、Awichのアルバムでの客演に始まり、ソロではアブストラクトな世界観を全開に表現した“Emotion”、さらにMIYACHI&AKLOとの“KILL IT EYDEY”、5lack&RUDEBWOY FACE とのKojoe“BoSS RuN DeM-Remix-”など数々の話題をシーンに投下。現在制作中という自身初のアルバム『Dimension』は、HIPHOPリスナーが“いま最も待ち焦がれているアルバム”のひとつといっても過言ではない。

Emotion – kZm (Prod. hnrk)

MIYACHI, AKLO & kZm / KILL IT EYDEY

SUSHIBOYS

感度の高いヘッズたちの間でジワジワと話題になり、とうとうファッション誌の表紙を飾ってしまった埼玉県入間郡出身のHIPHOPトリオ・SUSHIBOYS(寿司ボーイズ)。YouTubeに音源を公開する形で活動していた彼らだが、そのルックスとは裏腹な卓越したラップスキルを、人気ラッパー・SEEDAは「和製ODD FUTURE」と評した。昨年10月には待望のフィジカル作品『NIGIRI』をリリース。海外のトレンド×日本の“イナタさ”の絶妙なミックス具合は、現シーンにおいて類似するものがなく、いま最も謎かつワクワクさせられるラッパーたちだ。

ダンボルギーニ SUSHIBOYS

思ったよりも SUSHIBOYS

踊Foot Works

2017年3月に1stアルバム『ODD FOOT WORKS』で突如シーンに現れるやいなや、すぐさま耳の肥えたリスナーたちを唸らせ、その勢いのまま夏にはフジロックに出演を果たした新星HIPHOPバンド。昨年末には、初の企画イベント<Arukeba Gravity 2017-2020@WOMB大晦日LIVE>を渋谷WOMBで開催し、360度センターステージで繰り広げるライブで怒濤の1年を締めくくった。生バンドのグルーヴを生かした彼らのサウンドは、HIPHOPの枠を飛び超えて、新時代のポップミュージックに飛躍する可能性を秘めている。

※踊Foot Works(オドフットワークス)

夜の学校 Feat. もののあわい – 踊Foot Works

踊Foot Works / N.D.W (Live ver.)

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB

2014年結成の4人組HIPHOPグループ。結成当初から立て続けにフリーEPをリリースし、2015年にデビュー・アルバム『QUEST』、2017年には『OFF THE WALL』 を発売すると同時に、日本各地での精力的なライブで着実に認知度を高めていった。RIP SLYMEやKICK THE CAN CREWといった日本のHIPHOPシーンの裾野を広げたグループの影響を感じさせる彼らの楽曲は、純なまでにめちゃくちゃPOPなHIPHOP。現時点における日本のHIPHOPの入り口として、食わず嫌いをしている人にほど聞いてほしいのがJABBAだ。

※JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB(ジャバザハットフットボールクラブ)

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB「STAY GOLD,LIFE GOES ON」

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB「雨音はディラのビート」

NENE

2016年から2017年にかけて、HIPHOPシーンのみならず、日本の音楽シーンにおいてゆるふわギャング登場と世界観は衝撃だった。その一翼を担うフィメールラッパー・Sophieeが、NENE名義で昨年12月にファースト・ソロ・アルバム『NENE』をリリース。ゆるふわ本体に比べてよりパーソナルな感情を表現すると同時に、“東京の中のオアシス”と本人が語るように、自身のバックボーンを見つめ直すかのような作品に。ラッパーとして再スタートを切ったNENEの次回作はもちろん、ゆるふわの新たな動きからも目が離せない。

ゆるふわギャング (Yurufuwa Gang) “Don’t Stop The Music”

NENE “High Time” feat. Ryugo Ishida

あっこゴリラ

元々はバンドのドラマーとして音楽シーンに登場し、ラッパーに転向して約2年そこらで注目の存在となったあっこゴリラ。昨年11月にリリースした『GREEN QUEEN』は、さまざまなアプローチを通して自身の内面性を描きつつ、向井太一やSTUTSなどとのコラボも話題に。これまでの『TOKYO BANANA』や『Back to the Jungle』、さらに<CINDERELLA MCBATTLE>優勝も含めた道のりが、決して平坦ではなかったことを感じさせた。個人的に次のフルアルバムで、あっこゴリラのHIPHOPが“最初の完成”を見る予感がしている。

あっこゴリラ「GREEN QUEEN × PARKGOLF」

あっこゴリラ 「ゲリラ × 向井太一」

Jinmenusagi

早くからニコニコ動画などのネットラップシーンで発信を続け、いまではストリートでの支持をも勝ち取った異端ラッパー。2012年のデビュー以降、驚異的なペースで作品を発表し、2015年には自身のレーベル「インディペンデント業放つ」を設立。同じくネットラップ出身の盟友・電波少女とともにシーンを代表する存在に。昨年はittoとタッグを組んだアルバム『Eternal Timer』を発表。制作スピードの速い“ジメサギ”のことなので、コラボ作で得たイメージ&アイデアが、次なるソロ作品として早い段階でお披露目されるはず。

※Jinmenusagi(じんめんうさぎ/ジメサギ)

今日も / Itto×Jinmenusagi

Itto × Jinmenusagi – だいじょうぶ feat. 唾奇

JP THE WAVY

彼を“2017年最もバズッたHIPHOPアーティスト”と評することに異論がある人はいないだろう。“Cho Wavy De Gomenne”はSALUとのRemixのMVがYouTubeで約330万再生(2018年1月時点)を記録、さらにさまざまな人が替え歌を作って動画をアップするなど昨年イチのヴァイナルヒットとなった。その後の『ビッチと会う』も同様に、彼のライブでは“モッシュ”が起こるというTRAP世代の新たなムーブメントをつくっている。ダンサーでラッパーでインフルエンサー……JP THE WAVYの人気はしばらく収まりそうにない。

Cho Wavy De Gomenne Remix feat.SALU

ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY / DJ CHARI & DJ TATSUKI

SIRUP

R&BやHIPHOPなどのブラックミュージックをベースに、さまざまなミュージシャンとコラボする大阪出身のシンガーソングライター・KYOtaroが始動させたニュープロジェクトがSIRUP(シラップ)。昨年11月に発売された『SIRUP EP』は、iTunes R&B/ソウルチャートで1位を獲得したTokyo Recordingsプロデュースの“Synapse”などが人気を呼んだ。日本語と英語、歌とラップが、アーバンなサウンドの上でグルーヴィーに行き来する彼の音楽は、HIPHOP以外のジャンルのリスナーにもすんなり受け入れられる心地よさが魅力。

SIRUP – Synapse (Official Music Video)

SIRUP 『LMN』(Short Lyric Video)

text by ラスカル(NaNo.works)