pickup

ZIMA FES SPECIALIST 2

野外が気持ちいいこの季節!フェス業界人に聞いてみた夏フェスの思い出と秋フェスシーズン注目のアレコレ!

今年も日本各地で様々な夏フェスが開催され、楽しかった思い出や感動した瞬間など夏フェスの余韻に浸っている方も多いのでは?涼しくなるこれからはキャンプフェスやアウトドアイベントなど快適で過ごしやすいイベントが始まる季節です。そんな夏フェスの思い出から、この後注目のフェスやイベント、ファッション、アウトドアグッズ情報まで、さまざまな形でフェスに参加する業界人の方々にインタビュー。夏フェスでの思い出とこれから楽しみにしているフェスやイベント、そして「フェスでZIMAを飲みたい瞬間」を聞いてみました!

「ライブ後の気分転換」


武居詩織 / モデル

今年行ったフェス/これから行く予定のフェスは? 年間何本くらいフェスに行きますか? 
今年は<FUJI ROCK FESTIVAL><RISING SUN ROCK FESTIVAL><SONIC MANIA><SUMMER SONIC>に。年間通すとフェスには5~6本くらい参加してます。今年初めてライジングに行ったのですがフィッシュマンズと山下達郎が観れて感無量でした…!フジは今年も前夜祭の日の朝に着くように行って4泊5日全力で楽しみました。


武居さんが思うこれからのフェスやイベントにおすすめしたいフェスファッションやアイテムは?
これからの時期は寒くなると思うので防寒具は必須です。アウトドアブランドの物や機能がしっかりしていつつ可愛いアウターがひとつあると便利だと思います。おすすめのフェスアイテムは個人的にはドッペルギャンガーの“ウルトラライトチェア”がフェス内で気軽に持ち歩ける椅子として軽くてとても便利だと思います!

「遊ぶぞースイッチ」


加藤マニ /映像ディレクター

今年行ったフェス/これから行く予定のフェスは? 年間何本くらいフェスに行きますか? 
今年は<FUJI ROCK FESTIVAL>に行きました。あとは<BAYCAMP>にお邪魔しようと思っています。毎年だいたいこの2つは出かけるようにしていて、前者はヘッドライナーの照明や舞台装置などに見られる、最新の海外オルタナ・エンターテイメントを、後者は邦楽シーンの現在と未来、みたいなものを感じるために出かけつつ、ほとんど遊びです。<BAYCAMP>はカメラを持っていって、友人のバンドのライブを当日飛び込みのスタッフとして撮影することも晩夏の楽しみの一つだったりします。今年のフジロックで印象的だった演出はチャーチズのマス目状に並べたシンプルな照明構成ながら曲ごとにしっかりメリハリのついたライティングと、夜のレッドマーキーにおける、天井にヒモで吊るされた管状のLED照明をレールのように並べ、それぞれのヒモの長さをコントロールすることで、菅たちが時に波のように、時に全くランダムな動きになったりというシステムは、今後制作するビデオでも応用してみたいなと思いました。


マニさんが思う、この後注目すべき熱いイベントやフェスは?
レコメンドするほど多くのフェスに出かけたことがないのですが、先述の通り<BAYCAMP>は泉谷しげるさんやサニーデイ・サービスといったベテランのヘッドライナーから、ZAZENBOYSやフレデリックなどの夏フェス常連のバンドに加え、SUNNY CAR WASHやリーガルリリーをはじめとする若手ホープまで、現在進行形のシーンを感じさせつつも、モダン・レジェンド的な枠があったり、毎回間違いないライナップなのが楽しみです。川崎の港湾部で開催されるためアクセス良好、エリアも広すぎずステージ間の移動も簡易な上、日中からオールナイトで開催されるため、当日に行ってみようかなと思いついたところから参加できてしまえる手軽さがオススメです。今年もカメラを持ってウロウロすることになりそうです。

「踊り狂いたい夜に!」


市之瀬 亮 / CHUMS PR

今年行ったフェス/これから行く予定のフェスは? 年間何本くらいフェスに行きますか? 
春のフェスシーズン始まりから、<GO OUT JAMBOREE><ARABAKI ROCK FEST.><FUJI ROCK FESTIVAL><SUMMER SONIC>に行きました。この秋からは<ITAMI GREENJAM><New Acoustic Camp>等、冬まで年間10本~15本のフェスに行く予定です。今年はチャンス・ザ・ラッパーやケンドリック・ラマー、HIPHOP勢を沢山見ることができて最高でしたね。

CHUMSとして協賛出店しているフェスでは、サンプル品販売の他に、ファミリーや子供たちが楽しんでもらえるように、間伐材を使ってキーホルダーを作ったり、アウトドアロープを使ってブレスレットを作るといった、ワークショップを行っており、フェスに来た人たちが楽しみながら小休止出来る様なブースで、まったりとフェスに来た人たちとのコミュニケーションを楽しんでいます。


市之瀬さんが思う、これからのイベントやフェスでおすすめしたいアウトドアアイテムは?
キャンプインのフェスに参加する事が多いのですが、フェスの会場が広くて歩くのが大変、かといって一つの場所にずっといると他のアーティストが見れない!って事態になりかねません。疲れたら地べたに座っちゃえばいいけど、飲み物はどうしよう…って時にお勧めなのが、CHUMSから出ている背負えるクーラーボックス“ハイウォータークーラーパック”です。20Lの容量で沢山お酒も入れられて、濡らしたくない物は防水バックや、ジップロックに入れておけばOK。クーラーボックスを背負いながら会場を歩けば冷たい物が欲しい時にすぐに出てくる。そんなの最高ですよね。それに、クーラーボックスを背負ってフェスを楽しんでいる人に悪い人はいないと思うんです。

「おもいっきりおどりたいとき!!」


前田豆コ / アーティスト・アートコーディネーター(TokyoDex)

今年行ったフェス/これから行く予定のフェスは? 年間何本くらいフェスに行きますか? 
<Rainbow Disco Club><FUJI ROCK FESTIVAL><SONICMANIA>など、年間3〜5本のフェスに行きます。<Rainbow Disco Club>ではライブペイントのブースでお仕事をしていました。今年はアーティストユニットのWhole9とイラストレーターの岡村優太さんのコラボペイントで、会場の一体感や高揚感が見事に表現された作品に仕上がっていてとても感動しました。RDCは会場のゆるっとした雰囲気や解放感が印象的なフェスでしたが、アーティストが描く環境が違えばまた違った作品になってくると思うので、ライブペイントはフェスの雰囲気と合わせて鑑賞するのも醍醐味の一つだと思います! 


前田さんが思う、これからのシーズンでおすすめしたいイベントやフェスは?
今年は<朝霧JAM>に初参加するのですが、音楽はもちろん、会場の装飾や出店マーケットに並ぶ雑貨、来場者のファッションやノリ方も見どころの一つかなと思います。フェスによって来場者の雰囲気も違うので、<朝霧JAM>ではお客さんたちがどのように自分を表現しているのかなと思うと今からとっても楽しみです! 

「これから盛り上がりたい時!」


鈴木 篤 / Salvaged Tapes Director

今年行ったフェス/これから行く予定のフェスは? 年間何本くらいフェスに行きますか? 
<TAICOCLUB>と<FUJI ROCK FESTIVAL>に行きました。<SUMMER SONIC>は夏風邪にかかり不参加でした。笑仕事とプライベートと合わせて、年間10本程度。<TAICOCLUB>に出演したKiasmos DJは長年ファンだったので、やっと来日してくれて嬉しかったです。<FUJI ROCK FESTIVAL>は単独公演を見逃したマック・デマルコが最高でした! MCや演出に笑いが起こることも多く、音楽はもちろんお客さんを楽しませる姿勢がかっこよかったです。

毎年来てくれるお客さんは顔見知りになったり、他のフェスでも会うこともあります。プライベートで親交が生まれることもあって、音楽がつなげてくれる出会いがたくさんあるのが嬉しいです。


鈴木さんが思う、これからおすすめのフェスやイベント、注目のアーティストは?
<FESTIVAL DE FRUE>はおすすめです。去年初めて野外での開催だったのですが、ジャジューカを始めとにかくラインナップが凄まじいです。会場もとてもチルな雰囲気なのでピースフルに楽しめます。あとは<KEWL – Open Air Playhouse>というオープンエアのイベントに行く予定です。普段は都内のハコで開催しているパーティですが、初の野外イベントということでとても楽しみにしています。こういったきっかけから若い方たちが中心となってフェスが生まれてくれたら嬉しいです。そして<Because Life Is Balance vol.1>も楽しみにしているイベントです。” BOILER ROOM”や“Le Mellotron”にも出演したFloFilzが初来日とのことで見逃せないです。B-LIBという若手世代が中心となって開催しているパーティで、KEWLのオープニングアクトも彼らが務めるそう。

アーティストでは今年で4年連続<rural>に出演しているR N S Tというバンドが気になっています。音の広がりや響きが格好良くて一度ライブを見てすっかりハマりました。クラブに出演することが多いみたいですが、バンド・サウンドでも全く違和感がなくてかっこいいです。

秋フェスシーズン到来のこれからの季節、音楽で熱く盛り上がった後にはスッキリ爽やかな味わいのZIMAをお供にイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか? 

text&interview by Sanae Akechi
photo by Naoto Kudo

フェスシーンの裏側の人に聞いてみた!「フェスでZIMAを飲みたい瞬間って?」
2018 ZIMA SUPORT EVENTS