様々なシーンでジャンルをクロスオーバーするDJ RENが選ぶDJ的BLOCK PARTYプレイリスト

1997年の日本上陸以降、フェス/ライブ・シーンなどでストリートカルチャーをサポートしてきたZIMAが、5月29日に新たなライブ・イベント<ZIMA BLOCK PARTY>を開催します。70年代のNYでヒップホップ誕生の礎になった“ブロック・パーティー”をテーマに、表参道の人気ピザ店『PIZZA SLICE2』で一夜限りの熱演を繰り広げます。出演アーティストによるインタビュー・シリーズ最終回に登場してくれるのは、唯一のDJとなるDJ REN。元レコードバイヤーというバックグラウンドを存分に活かした選曲と、磨き上げられたスキルを武器に活躍するトップDJはどのようなプレイリストを作ったのでしょうか?

INTERVIEW:DJ REN

ーーZIMAのイベント出演に向けてブロック・パーティーというテーマでプレイリストを作っていただきましたが、テーマをどのように解釈されましたか? 

僕の中でブロック・パーティーって、いろんな人たちがごちゃ混ぜに集まって楽しんでいるイメージなんです。ラッパーやDJがいて、ダンサーもいて、純粋に音楽を聴きに来た人もいれば、ふらっと立ち寄った人もいるっていう感じで、それぞれいろんな目的はあるけど、共通点はヒップホップっていう。このプレイリストもそうしたブロック・パーティーのイメージに合わせて、新譜と旧譜をごちゃ混ぜにしたヒップホップを選びました。

ーーではそれぞれの楽曲について紹介していただけますか? まずはドレイクの“Nice For What”から。ローリン・ヒルの“Ex-Factor”ネタで話題となっている曲です。

最近は2000年代の大ネタを使う新曲が多い印象がありますね。ちょっと前まではトラップのBPM60台くらいの曲が多くリリースされていたイメージがシーンにはあったんですけど、これに関してはBPM94くらいのちょっと速めで、モードが変わって来たような気もします。それにローリン・ヒルはアメリカのコメディアンであるデイヴ・シャペルが開いたブロック・パーティーにもフージーズとして出ていたのでテーマとも相性が良いかなと選びました。

ーーその名も『ブロック・パーティー』というタイトルの映画にもなったイベントですね。

そうです。あの映画もあって「ローリン・ヒル=ブロック・パーティー」というイメージがあるんですよね(笑)

Drake / Nice For What

ーー次はブロックボーイJBの“Shoot”。特徴的な振り付けの「シュート・ダンス」でバズっている曲です。

ブロック・パーティーをみんなで楽しむ方法として、同じ振り付けで踊るっていうのがあると思うんですけど、そうしたヒップホップが含む一つのカルチャーを象徴する曲として選びました。

ーー古くはブレイクダンスに始まり、ヒップホップにとってダンスやラッパーのジェスチャーは重要な要素ですね。

トラヴィス・スコットやドレイク、フェティ・ワップ始めいろんなラッパーもやっている「フォートナイト」というゲームがあるんですけど、その中にもこのダンスのモーションが入っていて、ゲーマーとヒップホップをつなぐ入り口にもなっていて面白いですね。

BlocBoy JB / Shoot

ーーそして次はリル・パンプの“Boss”。こちらも新たなヒップホップの流れを感じさせる曲です。

リスナーがクラブでバンドのライブでやるモッシュで盛り上がってるイメージの曲です。リル・パンプ自体はマイアミの新人ラッパーですが、本当今までのヒップホップのイメージを180度くらい覆したかんじですかね。曲が本当めちゃくちゃ短かったり、ミキシングに失敗してる? ような音質だったり、彼の動画なんかは銃を口に入れてたりとか、ショッピング中に喧嘩したりとか、とにかく破天荒(笑)。でもそんなニューウェーブなところが逆に癖になっちゃうかんじですね。

ーーエモ・ラップなどロックからの流れを汲むヒップホップが目立っていますね。

この曲もリリース当時「えっ!?」っていう反応が多かったんですけど、先日韓国でDJした時に遊びに行ったイベントではこの曲でみんなモッシュしていて、床が抜けるくらい盛り上がっていましたよ。

Lil Pump / Boss

ーー続いて、マネキンチャレンジで“Black Beatles”という曲が使われてバズった二人組レイ・シュリマーの最新曲“Powerglide”ですね。

これはスリー・6・マフィアの“Side 2 Side”を下敷きにした楽曲で、BPM82~83。トラップの流れからより速い曲が出始めている流れを象徴するように、今クラブでは絶対にかかる曲なので外せないと思って選曲しました。

Rae Sremmurd / Powerglide

ーーさて、ここまで新しい曲が続きましたが、ここで96年のヒット曲が入って来ましたね。ジニュワインの“Pony”ですが、これを選んだ理由は? 

これはティンバランドがプロデュースしている曲ですね。個人的にティンバランドは一番好きなプロデューサーで、アーティストがバズるきっかけとなる曲やアルバムをプロデュースしている人なんですけど、90年代R&BのクラブヒットのイメージってBPM95〜100くらいのR&B CLASSICのイメージが強かったんですが、この曲は結構遅めの曲なんです。

ーーやはりこの曲もシーンに対するカウンター的な側面を持っていたんですね。

同じ年代の曲と比較すると明らかに音的にも違いますよね。あとこの曲には2001年頃にNYに旅行に行ったとき、これがブロック・パーティーでかかっていたんです。この曲で女の子が踊り始めるとそこに男が群がって行くという光景が印象的で。そんな思い出もあって、ブロック・パーティーにぴったりの曲かなと選びました。

Ginuwine / Pony

ーーこちらはダビーなホーンが印象的な“Spottieottiedopaliscious”。

これも90年代の曲で、NYのブロック・パーティーでかかっていた思い出から選びました。

ーーアウトキャストの楽曲の中でも異色の曲ですよね。

そうなんですよ。日本ではあまりDJがかけるイメージがなかった曲なんですけど、僕が2014年にDJコンテストの世界大会にチャレンジした時、海外のDJは絶対これを選曲していて、そうしたNYのブロック・パーティーの記憶とつながって新鮮に感じたのを覚えています。

Outkast / Spottieottiedopaliscious

ーーそして次はモブ・ディープの“Shock Ones Part 2”とDead Prez(デッド・プレズ)の“Hip Hop”。ストロングスタイルのヒップホップ曲が続きます。

“Shock Ones Part 2”はブロック・パーティーでラッパーがフリースタイルしているイメージで選びました。90年代のNYクラシックで、映画『8マイル』でも使われていましたが、緊迫感ある不穏なトラックが印象的です。Dead Prezは “ザ・ヒップホップ”な曲を入れたくて選曲しました。これもDJがよく使う曲なのですが、「ヒップホップ、ヒップホップ」という部分で大合唱するイメージです。

Mobb Deep / Shock Ones Part 2

Dead Prez / Hip Hop

ーーストレートかつクラシックなヒップホップ曲に続くのは、続いては先日惜しくも来日中止になった6ix9ineの“Gummo”。

来日中止になっちゃったんでブロックパーティーのお客さんも聴きたいかなと思い選びました(笑)いまバズっているラッパーの一人だと思います。さっき話したLil Pumpもしかりなんですが、今は勢いのある怖いもん無しなラッパーがうまくSNSを利用して、シーンでバズを起こしてるイメージがあります。なんか色々とビーフとかを仕掛けて話題を作る感じがヒップホップ回帰している気がしていて、その象徴の一人て感じでこのアーティストをあげました。

ーーXXXテンタシオンもそうですが、新世代ラッパーはその素行も含めて話題ですよね。

この6ix9ineもタトゥーが顔まで入っていたり、虹色の髪をしていたりとよくわからないんだけど、そのよくわからなさが新鮮で好きですね。NYではDJの間で6ix9ineをかけるかけないで物議を醸してるという話も聞きましたが。

6ix9ine / Gummo

−−最後は「英語わかりません」という日本語がキャッチーなMIYACHIの代表曲“Wakarimasen”です。

MIYACHIくんは僕がいま一番好きなバイリンガルラッパーで、トラックも自分で作っています。これだけ滑らかなフロウに日本語と英語をミックスできるのはMIYACHIくんしかいないんじゃないかと思います。

MIYACHI / Wakarimasen

ーーDJやラジオ出演のほか、2015年にはDJ機材の開発を行うなど、多岐にわたる活動を行なっているDJ RENさんですが、現在新たにチャレンジしている活動があれば教えていただけますか?

去年からAbemaTVのヒップホップ番組「#AbemaMix Thursday」に出るようになったのですが、この番組では人がいない場所でDJをするんですよ。ネットで寄せられるコメントを見ながら誰もいない場所でDJをする、でも観てくれてる人はすごく多いっていう不思議な状況(笑)はじめは何を指標にしたらいいのかわからなかったんですけど、こうした特殊な環境でのプレイを重ねていくうちにDJに対する考えもちょっと変わってきたなと思います。そして去年の「ZIMA MUSIC FIGHTERS」など、ヒップホップに限らず邦楽ロックも含めた選曲をする場所でのDJが増えてきたことも自分に影響を与えていると感じますね。

ーー「#AbemaMix Thursday」には今回のイベントにも出演するあっこゴリラもゲストとして参加されていましたね。

あっこゴリラさんは、もともとバンドのドラマーだったというバックグラウンドもあるせいか、今回のプレイリストの選曲も“ザ・ヒップホップ”とはまたちょっと違う感じで「こういうダンスミュージックの捉え方をするんだ」と新鮮でした。彼女の曲も間口が広い印象でキャラクターともマッチしていて今までにないアーティストだなと感じましたね。実際にお会いしてみて、とても可愛らしい方という印象でしたし、同じバスケ部出身ということもあって、話も盛り上がりました(笑)同じく今回のイベントで共演するJABBA DA FOOTBALL CLUBもこの後番組にゲスト出演してくれるのでとても楽しみです。

ーー今回<ZIMA BLOCK PARTY>では唯一のDJとなりますが、どのようなプレイをしたいと考えていますか?

ZIMAってクラブでもコンビニでも買えるし、いろんな人がいろんなシチュエーションで飲んでいるイメージがあるのですが、ZIMAのイベントもそういった印象通りのフレッシュで間口の広い、いろんな人に楽しんでもらえるものだと思います。だから今回もヒップホップがテーマのイベントではありますが、幅広い人が来てくれることを期待しています。僕は唯一のDJとして出演するので、ヒップホップDJのカッコ良さを伝えたいと思っています。ギミックや選曲、そしてグルーヴを通して、DJでしかできない魅せ方をしたいですね。

text&interview by 照沼 健太
photo by Eiryo Waga

EVENT
INFORMATION

ZIMA BLOCK PARTY

OPEN・START 19:00 / CLOSE 22:00
ADV:¥1,000 with ZIMA 1 Bottle & PIZZA 1 SLICE
kZm(YENTOWN) / あっこゴリラ / JABBA DA FOOTBALL CLUB / Taeyoung Boy
DJ:DJ REN / HOST:SIMON

詳細はこちら