DJ HASEBEによる「1997年から2017年までを築き、これからのシーンへと繋ぐ音楽プレイリスト」

様々なフェスやクラブの現場で音楽シーンをサポートしてきた「ZIMA」が、20周年に掲げるコンセプトは「Music Fighters(=音楽を愛し、楽しみ、音楽シーンを盛り上げ挑戦していくすべての人)」、そしてそのコンセプトに因んだ企画をオフィシャルサイトより発信。このプレイリスト企画では、シーンのこれまで/これからを担う様々なアーティストの選曲を通して、音楽の魅力に改めてフォーカスしていきます。第一弾はDJ HASEBEさんが登場です。

このプレイリスト企画では、シーンのこれまで/これからを担う様々な人々の選曲を通して、音楽の魅力に改めてフォーカス。第一弾は20年間第一線で活動してきた人気DJであり、初期のSugar Soul(※1)からソロ名義での作品までプロデューサー/リミキサーとしてもシーンを牽引してきたDJ HASEBEさん。ZIMAが日本上陸した97年は、ヒップホップの聖地=渋谷Harlemでの伝説的なイベント<HONEY DIP>がスタートし、Sugar Soulとしてもデビューを果たすなど、HASEBEさんにとって重要な年でした。今回は「それからの20年間」と「これからの音楽シーン」を、テーマ別に選んでもらった10曲とともに語ってもらいます。

※1.Sugar Soul:DJ HASEBE、AIKO、カワベによるR&Bユニット。現在はAIKOのソロユニットとして活動中。

INTERVIEW:DJ HASEBE

「新たな挑戦の年」だった、97年のプレイリスト。

――ZIMAが生まれた97年は、DJ HASEBEさんが<HONEY DIP>をスタートさせ、Sugar Soulとしてデビューした年でした。その頃どんなことに興奮していましたか?

自分も含めたDJシーンの仲間が生活できるようになり始めたのが96年頃で、その翌年、ゴールデンウィークに渋谷Harlemができて、僕はスタートから火曜日を担当させてもらうことになりました。この年はSugar Soulもはじめたし、自分にとって97年は、それまでやってきたことが形になって、新たなことにチャレンジしていく年だったと思いますね。

――今回は選曲してもらったプレイリストとともにDJ HASEBEさんの20年についてきかせてください。まずは「97年を象徴する楽曲」として、Sugar Soulとザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ノトーリアス・B.I.G.の3組を選んでもらいました。

97年を象徴する楽曲

今すぐ欲しい feat. Zeebra / Sugar Soul

You Are The Universe / The Brand New Heavies

Mo Money Mo Problems feat. Puff Daddy & Mase / The Notorious B.I.G.

ベタな選曲ですけどね(笑)。Sugar Soulの“今すぐ欲しい feat. Zeebra”は、ユニットとして一番最初に作った曲だったと思います。20年間経っても自分の代表曲のひとつで、今でもプレイの最後の方に求められる。次のブラン・ニュー・ヘヴィーズ“You Are The Universe”は、渋谷のCISCO(※2)のスタッフだったDJ YANATAKE(※3)に教えてもらった曲ですね。

※2.CISCO:2007年に閉店した大手アナログレコードショップ。
※3.DJ YANATAKE:CISCOのヒップホップチーフバイヤーでの活躍をはじめ、音楽シーンを築き上げてきた重要人物。

――これはHASEBEさんがプレイしたことで人気に火が付いた楽曲でした。

当時の自分はヒップホップ~R&Bシーンの一部という見え方だったと思いますけど、リスナーとしてはもっとごちゃっとしていて、アシッドジャズのようなヨーロッパ的なものも沢山聴いていたし、四つ打ちもセットに混ぜたいと思っていたんですよ。この曲はバンドらしい生音の揺れるグルーヴもあるし、ポップでもあったので毎週かけましたね。続くノトーリアス・B.I.G.“Mo Money Mo Problems”は、分かりやすいサンプルを使っていて。

――ダイアナ・ロスの“I’m Coming Out”ですね。

そこまでヒップホップが好きではない人も「いいね」と思える曲だったし、97年はビギーが亡くなった年でもあって、この年を象徴する楽曲のひとつだったと思います。

次ページ: その後の20年間を突き動かしてきた名曲たち。