pickup

AKKOGORILLA'S PLAYLIST

BLOCK PARTYで読み解く!あっこゴリラのフェチズムとヒップホップ

1997年の日本上陸以降、フェス/ライブ・シーンなどでストリートカルチャーをサポートしてきたZIMAが、5月29日に新たなライブ・イベント<ZIMA BLOCK PARTY>を開催します。この<ZIMA BLOCK PARTY>には、今注目すべき若手ヒップホップ・アーティストが集結。70年代のNYでヒップホップ誕生の礎になった“ブロック・パーティー”をテーマに、表参道の人気ピザ店『PIZZA SLICE2』で一夜限りの熱演を繰り広げます。そこで今回、出演アーティストによるインタビュー・シリーズが始動。第二回目はフィメール・ラッパーのあっこゴリラさんに、“ブロック・パーティー”をテーマにしたプレイリストを選んでもらいました!

INTERVIEW:AKKOGORILLA

――今回はZIMAのイベント出演に向けて、「Black Party」をテーマに10曲を選んでもらいました。それぞれの曲について、選んだ理由やその曲との出会い、好きなところをそれぞれ教えてください。まずはタイラー・ザ・クリエイターの“Tamale”から!

オッド・フューチャー(タイラー・ザ・クリエイターが所属するクルー)の存在を知ったのがきっかけだったんですけど、この人たちは音楽的にはトラップも取り入れていてハーコー(ハードコアヒップホップ)な感じなのに、ライブではダイブしたりしてロック・バンドみたいで、すごいなと思いました。タイラー自身のキャラクターにも衝撃を受けましたね。この“Tamale”は、私のフェチでもあるパーカッションのビートが鳴っている曲です。

Tyler, The Creator / Tamale

――今回選んでもらった曲は、どの曲もパーカッションの要素が共通していますよね。

そうなんですよ。そういうものが好きなんです(笑)。私はもともとドラマーだし、好きなものを追究していくと、結局そういうものになる。ドラムは小学校1年生の頃からやっていて、その頃からこういうものが好きだったと思います。あと、タイラーはMVでゴキブリを食べたりして、ギリギリを攻めていくバランス感覚もすごいですよね。その「面白い」「こわい」ができるのって、ヒップホップだけなんじゃないかと思うんですよ。

――しかも、そんなタイラー・ザ・クリエイターがふいに仲間をかばったりすると、『映画ドラえもん』シリーズでジャイアンがいいヤツになるような雰囲気にもなります。

そうそう(笑)。次のボンザイを知ったのは最近なんですけど、「これ好きなんじゃない?」と周りの人に教えてもらって、聴いてみたら「めちゃ好きっす!」って(笑)。私はもともと、機械っぽい音は苦手だったんですよ。だから、エレクトロを取り入れた曲は好きじゃないと思っていたんですけど、それも「音の配置がしっくりくれば好きになれるんだな!」と思ったのがこの曲。次のN.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)は、このアルバムに激ハマりしました。この人たちってオルタナティヴだな、と思うんですよ。私はヒップホップをはじめる前、ガールズバンドをやっていて、そのときも「オルタナティヴなもの」に食らった感じがあって。「歌が上手い」「メロディが素晴らしい」ではなくて、「よく分からないけど何かすごい」という雰囲気に惹かれます。N.E.R.Dにも、そういう雰囲気を感じますね。ブロック・パーティーではずっと同じビートが鳴っていたりすると気持ちいと思うので、こういう曲も入れたいと思って選びました。お酒を飲みながら「一生このBPMでいたい」って(笑)。

Bonzai / I Did

N.E.R.D / Secret Life Of Tigers

――次はM.I.A.の“10 Dollar”。2005年のデビュー作『Arular』の収録曲ですね。

私ってラップをはじめてからヒップホップに出会っているんですけど、そのとき音楽的にすごいと思ったのは、パーカッション的なビートやラップなんですよ。特に初期のM.I.A(エム・アイ・エー)はビートもミニマムで、土着的で、ラップもパーカッションのような感覚がある。そこが好きですね。次のティーケイ・マイザは……(笑いながら)考えてみたら理由が他の曲と全部同じなんですけど、この曲もパーカッションが入っていて……(笑)。結局、私は作った人のフェチが分かるビートが好きなんだと思います。

M.I.A. / 10 Dollar

Tkay Maidza / Finish Them

――続くメジャー・レイザーの“Aerosol Can feat Pharrell”はどうでしょう?

私がラップのスキルで影響を受けた二大巨頭がM.I.A.とファレルです。特にファレルの打楽器的にラップするスタイルはかなり理想的だと思っていて、この曲もそういう意味で選びました。次のMCビン・ラディンは、「こういうの好きなんじゃない?」と教えてもらった曲。自分の中で、「私、これはありだな」「これはなしかな」という“自分文脈”のようなものが出来上がっていて、この曲は「ガンあり」でした(笑)。恐オモシロくて、ちょっとよく分からない(笑)。どこかの村の不良のチームが作ったのかな、という雰囲気もヒップホップ的でハマりました。

Major Lazer / Aerosol Can ft. Pharrell Williams

MC Bin Laden / O Fuzil do Bin Laden É Banhado a Ouro

――ラファウンダの“Town Crier”はどうですか? 2016年にワープから出た曲ですね。

この曲も周りの人に教えてもらいました。たとえば、M.I.A.の曲には、ミニマムなビートに土着的な雰囲気を持った、フェチズムを追究したような曲と、壮大な楽曲との2種類がありますよね。そう考えたとき、この曲はそのスケールが大きい方の世界観に近いと思います。ライオンキング感がある(笑)。でも、ライオンキングっぽいものが全部好きなわけでもないんですよ。「こっちのライオンキングと、そっちのライオンキングを一緒にするな!」みたいな(笑)。……文脈に詳しい人はもっと色々と語れるのかもしれないですけど、私はそういう聴き方じゃなくてもいいのかな、と思うんですよ。私の場合は全部「フェチ」。ただ、ポップでフックがあるものに惹かれるのかもしれないです。それは曲としてのポップさだけではなくて、人としてのポップさもそうだと思いますし。その感じはヒップホップだと思うんですよね。そういう意味で言うと、次のKIMONOSは音楽的にはヒップホップではないけど、このドラムを聴いただけで、私は「あっ、向井(秀徳)さんだ!」って分かる曲。

Lafawndah / Town Crier

――ヒップホップは「人」だということですよね。

そうです。向井さんは私が個人的に世界一好きなミュージシャンですね。今回のテーマは「Black Party」なので、NUMBER GIRLよりもビート感がある曲を選びました。

Kimonos / Mogura

――そして最後は、スーパーオーガニズムの“Something For Your M.I.N.D.”です。

この曲は、生音とエレクトロの抜き差しのセンスが好きですね。私はもともとバンドマンで、今もライブはバンド編成でやっていますけど、自分自身がライブをするときにはミクスチャーにはならないように気をつけているんです。そういう意味でも、この人たちのセンスは絶妙で、バンド編成でライブをするときに共感できます。あとは、今回のリストはリズムが印象的な曲ばかりなので、「最後にこういうチルな曲も入れたいな」と選びました。

スーパーオーガニズム / Something For Your M.I.N.D.

――今年リリースされたばかりの最新配信シングル“余裕”(ガールズバンドでの活動以来となる再メジャー・デビュー曲)をここに入れても、すごく収まりがよさそうですね。あっこゴリラさんがもともとラップをはじめたきっかけはどんなものだったんですか?

私は最初、本当にラップをなめてやっていたんですよ。小学校の頃からRIP SLYMEやキングギドラ、KICK THE CAN CREWが流行っていて、みんなで歌えるような時代を過ごしてきたので、自然とラップははじめていて。でも、その当時私がやっていたのはヒップホップではなくて、ただのラップの真似事でしたけどね(笑)。でも、もともとは周りのことばかり気にしすぎる人間だった私が、ラップをはじめたことで初めて自分の意見や、言いたいことを言えるようになった。色んな音楽に出会って、色んなラッパーの人に出会って、自分をブーストしたり、自分を肯定して自信を持とったりするという価値観に出会って、私自身もラップとの向き合い方が変わりました。これは、自分にとっては必要な価値観でしたね。だから私は今、昔の自分のような人たちに向けて、「この価値観もあるよ」と伝えたいんですよ。今話したようなことを、初めて曲に落とし込めたのが新曲の「余裕」だと思います。

――<ZIMA BLOCK PARTY>でのライブ、楽しみにしています! 先日はDJ RENさん(<ZIMA BLOCK PARTY>にもDJとして参加)が出演しているAbemaTVの番組「#AbemaMix Thursday」でもライブも披露していましたね。出演してみての感想は?

DJ RENさんが恐かっこよくて、優しくて、気持ちよく参加させていただきました。“地球の歩きかた”では、歌詞を「ZIMA」に変えて歌ったりして、すごく楽しかったです。

――ZIMAにはどんなイメージを持っていましたか? また、ZIMAとの思い出というと?

私はお酒があまり飲めないんですよ。でも、ラッパーに転身した最初の頃、事務所もスタッフも誰もいない中で地方のイベントに誘われて、「あっこゴリラか何だか知らないけど、飲めんのか?!」みたいなことを言われて。「この洗礼を受けないとラッパーとしてやっていけないのかな」と、飲めないのにぐわー!っと飲んだりしてたんですよ。そのときにZIMAがあると、すごく飲みやすいので、「ありがたい」って思ってました。「防衛のZIMA」(笑)。

――ZIMAがサポートしていたんですね! ある意味「supported by ZIMA」だったという。

はい、supported by ZIMAでした(笑)。

text&interview by Jin Sugiyama
photo by 横山マサト
取材協力:デザイナーズメゾン

EVENT
INFORMATION

ZIMA BLOCK PARTY

OPEN・START 19:00 / CLOSE 22:00
ADV:¥1,000 with ZIMA 1 Bottle & PIZZA 1 SLICE
kZm(YENTOWN) / あっこゴリラ / JABBA DA FOOTBALL CLUB / Taeyoung Boy
DJ:DJ REN / HOST:SIMON

詳細はこちら