Amazon
feature

OPEN TO CHANGE Launch Party

OPEN TO CHANGE. ZIMA Launch Party at SOUND MUSEUM VISION

プレミアム低アルコール飲料ZIMAが3月より展開する新キャンペーン “OPEN TO CHANGE. ZIMA” 。そのスタートを記念したローンチパーティーを2月26日SOUND MUSEUM VISIONにて開催した。クリアだから、出来る変化「CLEAR MAGIC(クリアマジック)」をコアコンセプトに掲げ、若いマインドを持った男女をターゲットにスタートを切ったこのキャンペーンは、クラブシーンやミュージックフェスティバルはもとより、アート、ミュージック、ファッションなどの様々なカルチャーとコネクトしながら、常に新しい変化を具現化し、表現していく。会場では音楽、アート、映像が融合したパフォーマンスでわき上がったパーティーの模様をここでお知らせしよう。

EVENT MOVIE

世界で活躍するトップクリエイターたちがOPEN TO CHANGE. ZIMA「CLEAR MAGIC」をアートで表現

エントランスにはコアコンセプトである”CLEAR MAGIC(クリアマジック)”を表現するべく、キャンペーンと同時にスタートするアートコラボレーションに参加した、トップクリエイターたちの作品を初披露。注目のクリエイターはロンドンを拠点に活躍するクリエイティブ集団 TOMATOの創立メンバーである、Simon Taylorを筆頭に、同じくTOMATOのDylan Kendle、フォトグラファー 坂本アキラ、ペインターのMHAKの作品を展示、会場ではコラージュアーティスト 河村康輔がライブアートパフォーマンスで今回のコラボレーションに参加した。
また、OPEN TO CHANGE. ZIMAのキークリエイティブをモチーフにした、スペシャルフォトブースでは来場者のスナップを撮影。ZIMAを片手に様々なインフルエンサーたちが大勢参加し、イベントに花を添えた。

コラージュアーティスト 河村康輔による、ライブアートパフォーマンス

日本国内はもちろんのこと、海外でも高い評価を得ている新進気鋭のコラージュアーティスト 河村康輔が会場でアートピースを製作。ZIMAボトルの中にフルーツや幾何学模様など独自の世界観を詰め込み、CLEAR MAGICを表現。

音と映像、そしてアートが融合した三位一体のアクティビティでフロアを魅了

スペシャルライブでは日本を代表するラッパーANARCHYをメインアクトに、河村康輔のアートを映像で融合。ステージに設置された3枚のスクリーンで映像をレイヤードする投影技法を用いたステージで行われたライブパフォーマンスはフロアを熱狂させ、OPEN TO CHANGEを斬新で新たなアプローチで具現化した。DJには、Sk8ightTing、KIRI、モデルのSHAULAが出演。ファッションや音楽、アートなど様々なカルチャーとZIMAがクロスオーバーした。

今後、“OPEN TO CHANGE. ZIMA”は様々なクラブイベントやミュージックフェスティバルで展開していく予定。
ZIMAの新たなチャレンジである“OPEN TO CHANGE”を是非、体験しにきて欲しい。

EVENT SNAP