実はパンク好きな共通点も!Masta Simon(Mighty Crown)とJ-REXXXが語るレゲエシーンの過去・現在・未来

様々なフェスやクラブの現場で音楽シーンをサポートしてきた「ZIMA」が、日本上陸20周年となる2017年に「Music Fighters」をコンセプトにしてシーンの先駆者とこれからを担うアーティストにスポットを当てる対談企画。第二弾のテーマは“レゲエ”です。

今回登場いただいたのは、95年に日本最大のレゲエ祭<横浜レゲエ祭>を立ち上げ、99年に<ワールドクラッシュ(※1)>で優勝して世界一の称号を手にするなど、文字通り日本のレゲエシーンを牽引してきたMighty Crownのリーダー、Masta Simonさんと、10年代以降、卓越した技術とジャンルを横断する活動で新世代のレゲエDEE-JAYとして躍進を続けるJ-REXXXさん。横浜のレゲエをサポートしてきた「IRIE BAR」を舞台に行なわれた2人の対談を通して、日本のレゲエの20年間と、それを支えてきた人々の思いに迫ります。

※1.ワールドクラッシュ:サウンドクラッシュの世界的な大会

INTERVIEW:MASTA SIMON(MIGHTY CROWN) × J-REXXX

まだ見たことのない景色を求めて――。横浜レゲエ祭の原点。

20年前の97年というと、Masta SimonさんはすでにMighty Crownとして<横浜レゲエ祭(※2)>をはじめていて、99年に<ワールドクラッシュ>に初出場してレゲエのサウンドクラッシュで世界一になる数年前ですね。

Masta Simon:その頃はMighty Crownを結成して6年経っていて、周りのアーティストは90年代前半からみんな海外に行きはじめていましたね。95年には自分たちのサウンドシステムを作って、同じ年に<横浜レゲエ祭>をはじめて。97年というと四国と九州を回った<火と拳ツアー>の頃かな。

※2.95年横浜レゲエ祭:当初の名前は横浜Reggae Bash.

――その当時、どんなことを考えて活動していたか覚えていますか?

Masta Simon:もともと海外のレゲエにやられたこともあって、それを日本に広めたいという気持ちはありました。とにかくがむしゃらにやる、という感じだったのはよく覚えていますよ。

J-REXXX:その頃、Simonさんは何歳だったんですか?

Masta Simon:23~24歳ぐらいだね。

――20代前半という年齢で<横浜レゲエ祭>をはじめたのは、「日本でも場所を作らなければいけない」という使命感があったからなのでしょうか?

Masta Simon:仲間でパーティーできる場所を作りたかったんですよ。はじめた頃は規模が大きくなるとは思っていなかったし、「楽しい場所を作りたい」という、ただそれだけでした。でも、毎年終わったときに「また来年やらない?」という話になって、徐々に大阪からもアーティストを呼ぶようになって……。フライヤーも自分たちで作っていたので、95年に初めてカラーの一色刷りになっただけで喜んでいたし、それを自分たちで撒いて、チケットも手売りしていました。最初の2~3年は150人~300人ぐらいでしたね。98年に1000人のハコに移ったときは、それまで小箱でしかやったことのない人たちが、急に大勢の前でライブをすることになった。それは日本のレゲエアーティストにとっても観客にとっても初の経験でした。そこから次は、横浜ベイホールに移った。「ここでやったから、次はここに行こう」という空気感が、横浜の街中にあったんじゃないかな。ただ楽しいから続けていたものが、来てくれる観客との一体感の中で、徐々に「デカいところに行こうぜ」という空気になっていったんですよ。

――アーティストとファンが一緒になって「まだ見たことのない景色を見に行こう」、と。

Masta Simon:そう。本当は何も考えてないくせに「次は横浜スタジアムにいくぜ!」と突拍子もないことを言って、観客も「うおおお!!!」と盛り上がって(笑)。そこから野外に行くのに3年かかって、横浜スタジアムまでに6年かかりましたけど、実際に行けたときは久々に集まってくれた人も新しい人たちも沢山来てくれて……。ちょうど、日本も含めて世界的に海外のレゲエが流行っていた頃でした。ショーン・ポールやウェイン・ワンダー、エレファント・マン辺りの曲は、レゲエを聴かない人でも知ってるという状況が生まれていた。

J-REXXX:『Diwali Riddim』(02年)もそうですよね。僕は完全にディワリ世代ですよ。ヒップホップやレゲエのクラブですごく流行っていたので。

レゲエを共通点にして出会った、世代を超えた2人。

―― 一方、J-REXXXさんは、97年というと小学生ですよね? 当時のレゲエを知ったきっかけというと?

J-REXXX:姉が当時パンク好きで、小学校の5~6年ぐらいからずっとパンクを聴いていたんですよ。そこからランシドを好きになって、中学の頃ランシドの『Life Won’t Wait』に参加していたブジュ・バントンを知ってレゲエにハマりました。その後友達の家に遊びに行ったときに、初めて日本人のレゲエアーティストの曲を聴いて、「日本にもレゲエがあるんだな」と知った感じです。

――Masta Simonさんももともとはパンクが好きだったそうですね?

Masta Simon:俺も14~16歳ぐらいの頃はパンク好きで、バンドもやっていました。

J-REXXX:Simonさんは、パンクのあと、どんな風にレゲエにハマっていったんですか?

Masta Simon:パンクのあとすぐにレゲエには行かなくて、次はヒップホップだね。あまり言っていないけど、当時はラップをしていたんだよ。この間それをDABOに言ったときも「マジで?!」って驚かれたんだけど、俺はレゲエは最初、どちらかというと嫌いだった。15歳の夏に先輩にボブ・マーリーを聴かされたときも、「何だよこの音楽、(BPMが)遅いな」と思って。そのときは先輩に「お前はまだガキだな。そのうち分かるよ」と言われて――。まさかと思っていたら、それが自分がずっと続けるものになった。J-REXXXとはパンクから入った過程が似ていることもあって、話が合ったんだと思いますね。

――J-REXXXさんがMighty Crownの音楽に感じた魅力というと?

J-REXXX:正直な話、最初は「すごすぎてよく分かんねえな」という感じでした。いい意味で凄すぎたので。Simonさんと初めて会ったのは、僕が<Road to 横浜レゲエ祭>に出る少し前。Mighty Crownは他のジャンルにも積極的に出て行って、その場所を盛り上げてしまう。それをずっと観させてもらって、突っ込んでいく根性、アウェイをホームに変えるすごさに本当に影響を受けましたね。

Masta Simon:J-REXXXは<Road to 横浜レゲエ祭>に4回目に出たときに優勝(&本大会に出場)して、それ以降は、一緒に制作をしたり、俺たちのライブに出てもらうようになりました。ちょうど俺たちがロックフェスに出始めた頃、J-REXXXは「それやばくないっすか?」とアンテナを敏感に感じ取ってくれた。たぶん、J-REXXXの“M.U.S.I.C”のダブを30~40ぐらい持っているのは、俺らぐらいなんじゃないですかね(笑)。「何でこいつばっかり贔屓するの?」と思う人もいるかもしれないけど、俺らは売れてる売れてないに関係なく、自分たちが「いいな」と思えるアーティストとしかやろうと思わないので。

J-REXXX:そうやってダブをめちゃくちゃかけてもらえたことでロックシーンの人たちと繋がれたので、本当に感謝していますね。

次ページ:「どれだけレゲエのヤバさを広められるか挑戦したい」